持ち主の先見性を語る1本──イノヴェイティブとは? 未来のスタンダードになること

素材や機能の離れ業を前に、もしくは伝統文化との融合を前に、または4半世紀を経ても色褪せないデザインを前に。持ち主の先見性を試される革新モデルが集結した。

ケースにセラミックスを象嵌する?……って、どんなに厳密に焼成過程をコントロールしても、ぴったり嵌まるわけない。が、それをやってのけた。新品 フランク・ミュラートノウ型ケースにレーザーで溝を彫り込み、そこにセラミック樹脂を入れて高温で焼成するという技法が採用されている。研ぎ出すだけでかなりの難易度のはず。このブランドらしい、凝りに凝った造形です。

18KWGケースにセラミックス系の素材を象嵌したアニバーサリーモデル。樹脂にセラミックスを混入したものを塗布し、磨き出しで仕上げている。18KWG+セラミックスケース×クロコダイルストラップ、自動巻き、縦55.5×横39.5mm。¥3,150,000(発売時期未定)〈FRANCK MULLER/フランク ミュラー ウォッチランド

ユニークな複雑機構をもつ時計を得意とするエルメスのスタンダードモデル。長方形の中に正方形をレイアウトしたケースデザインが特徴であり、古典的なアプローチながらも25年を経た現在でも古さを感じさせないのはさすがだ。1998年にはドゥブルトゥール(2重巻き)モデルを作り話題となった。新作はグレーダイヤルの発色が実に美しい。
エルメスのアイコニックな時計がケープコッド。メンズの機械式モデルに新色が登場した。エルメスが自社開発した自動巻きの「H1912」を搭載するほか、パーフェクトスクエアのダイヤルシェイプも魅力。SSケース×アリゲーターストラップ、自動巻き、縦33.0×横33.0mm。

バーゼル取材前に、ル・ロックルの工房を訪れ、「真のマニュファクチュール」の歴史と矜持を体感。 フランク ミュラー正規認定中古時計 その後幕を開けたバーゼルワールドのプレスデーで、最も熱気を感じたのがこの時計の記者発表でした。1/100秒を高精度で計測できるクロノグラフ! 1秒に1周まわるクロノグラフ針の忙しすぎる動きも、生き物のようで愛しい。(岡村佳代/9.0点)

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s